スタッフブログ

住まいの外構部分について

皆さんこんにちは(*^O^*)松永建設です!

今日は、住まいの外構部分についてお話をしていきます。

新築やリフォームの際に、一気に外回りまで仕上げた場合は問題ありませんが、とりあえず最低限の形にしておいて、あとは日曜大工でコツコツしようと考えるご家庭も多いのです。

土地や家やらで、なかなか庭づくりにまで予算をかせられませんから。

また、普段のお手入れやちょっとしたお庭の模様替えにも参考して頂けます。

さて、庭づくりに欠かせないのは、まず「土づくり」です。

土変えは、業者に頼めばやってくれますが、のんびり自分でやることもできますし、むしろその方が愛着がわくかもしれません。

ただし、あまりにも敷地が広いようだと、ある程度はプロにお願いした方が良い場合もあります。

深く土を掘り返してならすので、面積が広いと大変です。

操作や維持管理が簡単な家庭用耕運機も普及してきましたから、そういったものを使うのもいいですよね。

深さは、家庭菜園ぐらいならそんなに必要ありませんが、植樹を考えているのでしたら50~60㎝は必要です。

そして、砂質によっても手間が違ってきます。

握ってから手を離したときに、バラバラと落ちる砂質土壌であれば比較的手間はかかりません。

硬く、お団子のようになってしまう粘土質土壌であれば、排水と土壌改良を行う必要があります。

掘り起こした土に、たい肥や腐葉土などを混ぜ込み、落ち着かせて様子をみます。

以前お話した「リサイクラー」で作った生ゴミ肥料を一緒に入れておいてもいですね。

1ヶ月もすれば、植栽が可能になりますよ。

ただし、混ぜ込んだぶん土量が増え、もともとの高さより高くなることを忘れないでください。

これはあくまでもざっくりとしたやり方です。

本を読んだり、園芸店で相談しながらオリジナルの花壇えづくりを楽しんでくださいね( ^o^)ノ

つぎに、「シンボルツリー」ってご存じですか?

シンボルツリーとは、家を引き立ててくれる木です。

昔ながらの日本庭園でしたら、松などがそうです。

ですが、最近の洋風住宅には合いません。

住宅に似合い、かつ容易に入手でき、樹形が美しいこと。

その姿一本で、家の雰囲気を変えてしまうほどの役割をもちます。

庭づくりと並行してこれから考える、という場合のためにアドバイスです。

まずは、常緑樹と落葉樹で迷うかと思いますが、それぞれ長所があります。

どちらかと言えば常緑樹がシンボルツリーとしては好まれる傾向にありますが、花や実、新緑、紅葉など、落葉樹には四季を感じさせてくれる風情がありますよ。

愛着の湧く木になるように、よく考えてシンボルツリーを決めてくださいね。

庭は住み始めてからもずっと長く楽しめる空間です。

今までは草木に興味の無かったお父さんが、家庭菜園に目覚めたりすることもあります。

お子さんがいるご家庭なら、一緒に植えて世話をし、そして収穫する喜びを覚えることで、情操教育にも一役買ってくれます。

次回は簡単に楽しめて、節約にも役立つ家庭菜園のお話をしますのでお楽しみに★