スタッフブログ

家に使われている存在ってなに??

こんにちは松永建設です♪


皆様のお家はどんな素材で出来ているんだろう?と疑問に思ったことありませんか?

世界の住宅で、伝統的に利用されている素材は、主に『石』『土』『木』です。
この、三つの素材からできているものがほとんどですよね。

皆様もご存じの通り日本で圧倒的に多いのは・・・

!!!つまり、木造の家です。

日本は海外に比べ、樹木が豊富にあった事も一因ですが、石も土も、豊富にあるのに何故、『木』なのか知っていますか??

木の特性として、優れた機能である『調湿機能』 があります。

もちろん、土にも調湿機能はありますが、構造上、土壁の窓は小さくなります。
窓が小さいと、光を取り入れるのが少し難しくなったり、なんとなく部屋が暗くなってしまいますよね。

 

しかし『木』は柱と梁を組み合わせて作るので、窓も大きくとれ、明るい環境を手に入れる事ができます☆ミ
窓が大きいと、風も入れる事ができるので調湿機能にも、役立つ訳です!

 

杉の柱一本で、600mm以上(ビール大瓶程度)水分を吸収する能力がありますが、
六畳間ですと、柱が六本程度使われる事になるのでかなりの量になりますよね。
しかも『木』は、木材になっても呼吸をしているんですよ。
木の能力を最大限に生かすコツは育った通りに、その木を使う事だそうです。

柱に使う場合は、木元を下にする。梁に使う場合は、木の背を太陽が当たる上に向けるのが大原則だとか・・・『木』を継ぐ場合も同じで、木元と木末を合わせて継ぎます。
お風呂場や台所には、湿地で育った『木』

リビングには日当たりの良い『尾根の木』が適しています。
【地元の木は、地元で使え】と、伝えられてきたのも、木の能力を生かし、最大限に住み心地の良い家を作る上で、大切な知恵でもあるんだと、改めて気づかされました。

皆様のお家はどうでしたか?少しは知ることできましたか?

また次回の更新もお楽しみに★ミ