スタッフブログ

皆様のお家は大丈夫ですか?!※虫について

こんにちは松永建設です(*^_^*)♪

だんだん暖かくなってきましたね!!

突然ですが、みなさま虫は苦手ですか?

庭いじりをしている時、キッチンで料理をしている時・・・

いきなり無視が!!という経験あると思います。

今日はそんな『虫』についてお話させていただきます。

※苦手な方は閉じて他のブログを見てください(*^_^*)!

新築だろうと改築後であろうと、虫が全くいないということは絶対にありません。

いくら自分の家をきれいにしても、排水口や換気口、いろんなところから侵入してきます。もちろん一軒家でも、外からの侵入の可能性は充分あります。

また、強い風が吹けば、風にのって庭へやってくることもあります。

 

気になる代表的な「害虫」といえば、「シロアリ」「ゴキブリ」でしょうか。

本日はこの2種類についてです。

シロアリは普通のアリと違って人間の食べカスなどを好まず、住宅の木材や断熱材を好むそうです。そしてシロアリはゴキブリの分類で生命力が強いとか・・・(゚Д゚)

そして、日本全国(北海道の一部をのぞき)シロアリは土の中に生息しているみたいです。

 

新築で、シロアリ対策をしている住宅でしたら、5年10年は大丈夫と言われています。

鉄骨住宅なのでシロアリ対策をしていなかったけど、掘りごたつを設置したら、ちょうどそこからシロアリが上がってきてしまった。という例もあります。

 

シロアリによる代表的な被害として、

床が沈む、きしむ(シロアリが木材を食べるため)

柱などの木材にヒビが入っている

壁紙や天井に黒ずみ、しみが出来てきた

などなど・・・他にもありますが上記が代表的です。

こまめにおうちを点検していればすぐに異常に気づくことが出来ますので

ぜひ定期的にチェックしておいてくださいね。

 

さて、次は「ゴキブリ」についてお話しましょう。

誰でも1度は遭遇したことがあると思います。

主なゴキブリは、「チャバネゴキブリ」「クロゴキブリ」「ヤマトゴキブリ」です。

それぞれ個性がありますので、種類と性質を理解し対策を練るのをおすすめします。

住宅で主に見られるゴキブリは、クロゴキブリです。

チャバネよりも大きく、赤黒く脂ぎって光っているのが特徴です。

チャバネゴキブリは飲食店などに多く存在しています。小さめで、2センチほどしかありません。そしてやっかいな事に成長が早く、世代交代がとても早いため、薬剤に対しても抗体ができてしまい、効き目が悪かったりします(;´Д`)

ヤマトゴキブリはクロゴキブリよりも小さく、色も黄色みを帯びています。

クロゴキブリのように、黒光りはしていません。

このヤマトゴキブリは越冬の力を持っていて、2年ちかく生きるそうです。

対策としては、清潔にする、水気をなくす、今いるものを駆除してしまうということ。

ゴキブリにとって、非常に大切なのは水です。水3滴で1ヶ月生きることができるそうです・・・。

 

シンクや流し台、お風呂場の水気を使用後は必ず拭きとり、生ゴミはしっかりしばってふたのできる容器に片付けておく。それを心掛けるだけでも、侵入は減ります。

たとえ入ってきても、居ついて卵を産んだり、という危険な状況は防げます。

清潔や換気をこころがけていれば、たまにまぎれこんできたものを駆除するだけで遭遇率はぐっと減るでしょう。

それに、水周りの水滴を拭きとることは、住まいのメンテナンスとしても有効です。

そういえば、段ボールも油断できません。引っ越した時の段ボールは、まだ残っていませんか?通販や引っ越しで使う段ボールにゴキブリの卵がついていて、それが原因で増殖することもあります。引き出しのなか、タンスなどチェックしてみてください。糞があるようなら危険です。

 

今日はあまり良い気持ちでは無い投稿だったと思います。

ですが、これを機に1度チェックしてみてください。

早めに気づく事・対処することが大切なことです!!

少しでも参考になれば嬉しいです(^_^)☆ミ

次の更新もお楽しみに♪