スタッフブログ

災害に備えた家づくり③

こんにちは、スタッフのハラです☆

前回に引き続き【災害に備えた家づくり】パート3です!!!

 

エネファームは停電してもガスで電気をつくれる?!

エネファームは、都市ガスやLPガスを使って、家で使う電気とお湯を一緒に作り出すシステムです。

そう聞くと、停電してしまってもガスさえあれば電気が使えると考えがちですが、システムを動かすために少し電気が必要になります。

そんな課題も畜電池を備えることで解決できるようになりました。災害に役立つ電気やお湯を家庭で作れるのは心強いですね!

 

☆停電時にもエネファームでの発電を可能にする停電対応システムがあります。

エネファームの運転に必要な電池を蓄電池で補い、停電時でも照明、冷蔵庫、テレビなど

非常時に最低限必要となる電気を長時間供給可能にするシステムができたのです。

通常と同じように電気が使えるわけではありませんが、最大で2.5kWまで使用できるので助かりますね!

☆貯湯タンクの湯水が災害時に活用できます

エネファームは貯湯タンクを使用する給湯システムです!

タンク容量は200ℓですから1.5ℓのペットボトルで130本あまりのお湯をためており、断水したときには生活用水として活用できます。

 

☆ちなみにガスコンロは停電時でも使用できる

ガスコンロには、標準てきな乾電池タイプとAC100Vタイプがあります。

AC100Vタイプでも内蔵や外付で電池BOXが整備されており、

電池さえあれば停電時でもガスコンロを使用することができます。

また、炊飯器や電気ポット、トースターなど普段は家電で行っていることをガスで調理すれば、停電時はもちろん節電にも役立てることができます。

停電時にガスが電気の代わりになると心強いですね!!!

 

次回は、災害の時に○○をためる・・・???