スタッフブログ

地震に強いお家づくり

こんにちは、スタッフのハラです♪

突然ですが、皆さんはお家づくりを考えた時何を1番に重視しますか

松永建設で完成見学会やセミナーを行ったときにアンケートを取らせていただくのですが、

1番にチェックいただくのは『耐震性』です。

近年、大規模の地震や大雨などの自然災害が多く発生していますよね。

そういう点もあって『耐震性』を重視される方が多いのです。

 

では『耐震性』=地震に強い家づくり

何をどうしたらいいのでしょうか。

 

地震に強い住宅の構造としては、

・耐震

・制振

・免震

の3つがあります。

□耐震構造□

地震の揺れに耐えられるよう建物の構造を強化することです。

以前に比べて木材と木材の間にもう1つ補強のために木材を追加し強化するようになりました。

建物の基礎も上部構造を安定させる構造になっており、少々の揺れでは外れたりズレたりしないよう設計されています。

□制振構造□

地震の揺れを吸収する振動軽減装置を設置する構造のことです

建物の揺れによって生じる歪みをダンパーが吸収するため、強い地震に襲われても建物が倒壊しないだけでなく、柱・梁・壁の損傷を最小限に抑えることができます。

マンションや高層ビルに多い構造となっています。

 

□免震構造□

建物が土台に直接据え付けられず、建物の底部と基礎の間に免振装置を備える住宅構造です。

室内でタンスや冷蔵庫といった重量物が転倒・移動するおそれも少ないことから、最も安全な構造になります。
耐震や制振より費用がかかりますが、3つの中で最も耐震効果が高く、タワーマンションといった高級集合住宅などで採用されています。

 

地震に強い家づくりを行うとして

地盤改良は大事です。今はどこの会社もほとんど地盤調査を行います

地盤が柔らかく液状化現象が起きうる土地であると判明したら、どんなに耐震性の高い構造にしても、家全体が傾いて住めなくなるおそれがあります。
地盤調査を行った場合には、基本的にはその調査結果に則った地盤改良を行う必要があります。

 

どうでしたでしょうか。

少しでも参考になれたらと思います。

また次回の更新もおたのしみに♪